予約したい店舗を選択してください。

東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県

こだわりと
歴史

寿し常のこだわり

創業70
今も変らぬ想い

寿し常は創業以来、お客様に美味しい江戸前寿司を提供するために精進してまいりました。
その想いはこれからも変わりません。

寿し常本店の写真

創業時
寿し常

激動の昭和二十四年、寿し常は始まりました。今も大塚寿し常本店として営業する
寿し常会館ビルは昭和四十八年に建設されたものです。

寿し常の店内の接客の様子

お客様
ともに

寿し常はお客様を第一と考え、創業時からその感謝の気持ちは変わりません。

職人による
本物
身近に

寿し常は、熟練の技術を持った職人による本物のお寿司を
お手軽に楽しんでいただくことを大切にしてきました。

カウンターに立つ寿し職人の写真
寿司を握る様子の写真


極めて

美味しいネタを提供するためには、食材を見極める目とそれを最大限に活かす技が欠かせません。

寿し常のカウンターの写真

全店
職人

江戸前寿司の本物の味をご堪能していただくため、職人による握りにこだわってきました。

ネタの鮮度
豊富さめる

江戸前寿司を様々なお客様に楽しんでいただくため、ネタの鮮度と豊富さにも自信があります。
お値段以上の満足感を是非、味わっていただければと思います。

たくさんの寿司の写真
新鮮な寿司のネタの写真

目利き
素材選び

一朝一夕で身に付けられないのが魚の目利き。
百戦錬磨の職人が今日もお客様のために、美味しい魚を仕入れてきます。

マグロの握りの写真

ネタ
最高

魚の旬とは、その魚が最も美味しいとされている時期となります。
季節ごとに旬の魚を味わうのが、寿司の醍醐味です。

寿し常の歴史

寿し常は、昭和24年に創業してから70年以上、
たくさんのお客様に、本物の味を身近に愉しんでいただくことを目標に、
常に時代に合わせてチャレンジを続けてきました。

※写真の一部は開業当時の東京の街のイメージです。

昭和24
創業者 豊田粂次(初代社長)により東京都板橋区仲宿にて「寿し常」開業。
昭和28
東京都豊島区大塚駅前商店街へ進出。寿し常本店を開業。
昭和48
寿し常会館ビル(6階建)建設。現在も大塚寿し常本店として営業中。
平成11
江戸前寿司に均一料金を導入
平成12
マグロ解体ショーを開始
平成14
立喰い寿司業態の初出店は「粋魚(いなせ)上野店」(※閉店しています)
立喰い寿司オープン
平成16
「寿し常渋谷109店」にて当時は珍しかった「生サバ」を提供
「すしつね匠」開店
平成18
ららぽーと豊洲に「豊洲漁港寿し常」をオープン。
市場の雰囲気をそっくりそのまま持ってきたような、粋で個性的な店舗デザインで話題に。
平成24
「江戸東京寿し常 東京ソラマチ店」オープン。
大きなエビ天が乗った名物スカイツリー丼は多くのメディアでも話題に。
平成28
「廻り寿し千寿すしつね 北千住マルイ店」オープン